最近のお知らせ

2018-10-12 00:24:00
毎年恒例なんで、今年もひやおろし、ばっちり説明しちゃいますね。

「ひやおろし」ってまだちょっと勘違いして記憶されている方がいらっしゃいまして。「ひやおろし」っていうその響きのせいで「冷やして飲まないとダメなんでしょ?」と聞かれることが年に一度は必ずあります。まぁ冷蔵保管してるし、冷やして飲んでも美味しいのでさほど問題はないんですけど…。

でも冷やして飲まないとダメってことは全然なくて、もちろん燗してもより一層美味しく召し上がっていただけるんです!燗酒推しのそば屋として、一応その辺の誤解を解くべく、ざっくりとお話ししたいと思います。
では、よろしくお付き合いくださいませm(_ _)m



日本酒は、造りの段階で2回、「火入れ」と呼ばれる加熱殺菌をします。これは、酒を腐らせる「火落ち菌」を殺して腐造を防ぐのと、酵母、酵素の働きを止め、必要以上の熟成とか変質を防ぐという目的があります。

これによって、酒質を一定に保ち、長期の保存ができるようになります。

この「火入れ」は、春先に新酒ができてタンクで貯蔵する前に1回目、秋口に出荷する時の瓶詰め前に2回目の火入れが行われます。このうち、瓶詰め前の2回目の火入れをせずに出荷されるものが「ひやおろし」と呼ばれるお酒なんですね。

なぜ火を入れずに出荷するのか?と言いますと、それは若々しい新酒をひと夏じっくり熟成させて、程よくカドが取れて味が乗ってきたいわゆる「オイシイとこ」を、蔵での味わいそのまんまで楽しんでもらうためなんです!

火入れをすると変質を防げるのですが、やはり生っぽいフレッシュさは多少なくなります。でも火入れをしないと長期保存は難しい。

そこで、この時期限定で火入れをしないそのままの味わいを楽しんでもらおう!というのがひやおろしというお酒なんです。

火入れをしない=「ひや」で問屋に卸す=「おろす」ので「ひやおろし」というわけです。



2回目の火入れをしないお酒を一般的に「生詰(なまづめ)」と呼びまして、とても簡単にいうと、

生詰の酒」

という身も蓋も味も素っ気もない言い方もできます(^^;;


でもひやおろしはちゃんと味も素っ気もありますのでぜひ飲んでみて下さい!まだ若さを感じさせる渋味や苦味がアクセントで散りばめられつつ、熟成を経た円やかさ、とろりとした甘味、旨味などが渾然一体となっていて、それはそれはオツな味わいですよ。

何しろこの時期しか飲めないんですから今飲むしかないですよね(^^;;どうせ飲むなら秋の味覚「舞茸の天ぷら」辺りと合わせてそば屋で飲むのが、もっと言えばみかあさで飲むのが最強ですよ(´∀`*)よろしくどーぞ
2018-10-10 22:24:00

今年もひやおろしが入荷しましたよー!!今回はこの6銘柄で勝負したいと思います!どのお酒もそれぞれ美味しくて、もちろん全て飲み比べると幸せになれます。

「そんなの分かってるけど6本も飲めないぞー!」

という方のために、うちの女将にこの中でも特にオススメなやつをこっそり聞いておきましたので、ここでお伝えしちゃおうと思います(^o^)v



自宅にて女将に、
「で、どれがおすすめ?」
と、軽〜いノリでお伺いしたところ、
「燗するのならば云々…」
という予想外にディープな答えが返ってきたのですぐに背筋を正し直立不動で答えを賜りました(^^;;

女将曰く、燗して飲むなら
一番は独楽蔵(こまぐら)
二番目は俵雪
三番目は山装ふ
とのことでございました。ありがたやありがたや…

ちなみに冷酒だとどうかも聞いておきました。
冷酒だとダントツで杜の蔵ひやおろし
二番目は鷹勇
三番目は神亀
という答えをいただきました。ありがてぇ…




分かりやすくするためにあえて燗酒、冷酒で分けてありますけど、もちろんどちらも燗しても冷酒でもそれぞれ美味しいのは間違いありませんよ。

それでは皆さま、
この女将ランキングを元に楽しみながら戦略を練ってみてください!

どれを選んでも失敗はありませんのでご安心を。
モアベターがあるだけですから(^_-)-☆

2018-10-06 20:33:00

大変申し訳ありませんm(_ _)m

10日の水曜日から営業となりますので

よろしくお願い致します。

2018-10-06 15:36:00

ご予約ありがとうございます!

 

2018-10-01 00:00:00
今年も最強の二枚看板が入荷しております。キリッと端正で甘いマスクの「杜の蔵」といぶし銀で味わい深い「独楽蔵」のツートップです。

「正直このツートップで充分」と毎年思っているのですが、いっつも浮気の虫を抑えることができず、今年も今のところ4種類のラインナップとなっております。一気にあれこれ紹介するのもアレなので今回はワンツーフィニッシュを飾る杜の蔵のひやおろし二種類をご紹介します。

なんといってもまずはその名もズバリ「杜の蔵ひやおろし」です。嫌いな人いるの??っていうくらい飲みやすいお酒です。
「全く雑味がないのすごい!」というお客様も。雑味との戦いの酒造りにおいてこれは最高の褒め言葉じゃないでしょうか。ビールすっ飛ばしていきなりこれでもたぶん大丈夫です!無限に飲み続けられます(^^;;

でももうちょっと飲み応えのある、小慣れたお酒も飲みたい!そんな時はもう一つの「独楽蔵 無農薬山田錦 特別純米 二年目の夏」です。長いし漢字ばっかりだしですみません。これがまた無農薬の山田錦の透明感溢れる旨味がたまらないお酒でして。特に燗して旨味が開いて口中に広がります(*´∀`*)これもぜひ飲んでみて頂きたいです

杜の蔵⇄独楽蔵のループでひやおろしの醍醐味はほぼほぼ味わい尽くせるんじゃないかと自負しております。杜の蔵は冷酒で、独楽蔵はお燗で楽しんで頂くと持ち味を存分に堪能できて、やっぱ日本酒ってすごいって最認識できるのでおすすめです。逆もまたそれはそれで趣深いのでぜひお試し下さい(^^;;



ところで今日10月1日は日本酒の日で、この日からひやおろしを出荷しようみたいな緩い決まりが酒類業界にはあるそうです。というわけで、うちもキチンと日本酒の日に告知してみました。まぁでもどこの蔵も思いっきりフライングしてますけど(^^;;
ちなみに竹鶴はきっちり10月1日出荷とのこと。なんか流石だなーって感じですね。あと、今更ですがひやおろしって何?に今年も答えようと思います。
次回でやります。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...