最近のお知らせ

2019-02-10 12:42:00

いつもありがとうございます!!





昨日は積もらなくてよかったですね。

雪かきがイヤすぎて戦々恐々、
スマホとにらめっこの一日でした(^^;;

2019-02-07 15:16:00

よろしくお願い致します!

2019-02-03 02:10:00
ご常連の皆さま、大変お待たせ致しました。
今年も例のアレが入荷しましたのでご報告しまーす。

「なんのこと??」というあなたのためにご説明致します(`・ω・´)ゞ



’’
槽汲みは新酒の出てくる槽口にパイプを直結して瓶詰め、
そのまま即密封された、いわば生まれたままの新酒です。

ほとんど空気に触れる事がないので、酒質の劣化もほとんどありません。

だからまさにきたての新酒そのまんまが詰まってる超贅沢なお酒なのです!

しかもその新酒、タンクごとに微妙に味わいが違うんです。

その僅かな香味を私と女将、各々が利き酒して、
それぞれが本当に飲みたいと思うタンクの新酒を厳選。

数量限定
ではありますが今年も仕入れてまいりました!

どちらもまだできたてホヤホヤのため超微発泡で
チリチリと弾ける爽快感が堪らないですよ♪♪

他では決して手に入らない旬の酒で一足早く春を先取り&満喫して下さい!!
 
っていうわけなんですよー。

待ち望まれている理由が
お分かりいただけたと思います。


まさに、「待ちに待った」というあなた!
大変お待たせ致しましたm(_ _)m

「今知った」というあなた!
今知る事ができたのはラッキーです。
今なら飲み比べもできるくらいの在庫があります。



冗談抜きで去年の槽汲みが終わってから
待っているお客さんもいらっしゃいます。


今日も
「一年待った……(^.^)」と呟くと共に、

「シュポッ!」と槽汲みを開栓されたご常連さんが
お見えになったんですよ。


「あぁ、今年も行ってきてよかったなぁ」

と思わず感慨にふけってしまいました。




タンク的には、
今年はオーソドックスに
7号酵母と9号酵母の二種類になります。

味わいの違いが分かりやすくて、
飲み比べをするとその違いに驚かれると思います。

どちらも良い出来なんですが、ベクトルが全く違います。


好みがあると思うので、
インプレッションを書いておきますね。

選ぶ時など参考にして下さい。


15号タンク(9号酵母)
ふんわりとした甘味が広がる、なめらかな口当たり。酸はかなり控えめで、甘酸のバランスが絶妙。つるっと喉を抜けるしなやかな飲み口で、自然と杯が進みます。五味のまとまりが良く、たおやかで落ち着いた味わい。後口は、ほんのりと優しい余韻が漂います。


16号タンク(7号酵母)
爽快でシャープな口当たり。やや酸が勝つ、苺のような甘酸っぱさが食欲を誘います。一本芯の通った飲み口で、ぐわっと舌に旨味が押し寄せます。後口はキレッキレで、余韻もなくスカッと切れます。まだ若さを感じさせる新酒らしい渋味もまたアクセントに。


1