【お知らせ】

2016-10-27 00:45:00
皆さま、大変お待たせいたしました。

ようやく、この時期の目玉商品が入荷いたしました。


そうです、「秋の枝豆」こと丹波黒の枝豆です!

普通枝豆といえば皆さんご存知の通り、
大豆の若いものですよね。

対してこちらは有名なブランド黒豆「丹波黒」と呼ばれる黒豆の若いもの、

つまり黒豆の枝豆というわけです。


この黒豆の枝豆は収穫時期が10月初め頃からの1ヶ月ほどの期間しかありません。

その短い収穫時期のため、この辺りではあまり知られておらず、

またほとんど出回っておりません。

ですが、黒豆の枝豆は知る人ぞ知る美味しさで、

地元ではシーズン開始とともに行列ができるほどの人気なんです。

それが本場中の本場、かの丹波篠山の黒豆の枝豆、黒枝豆となれば

なおのことですよね。


もちろん今年もその丹波篠山の黒枝豆をご用意致しました!

1か月以上も前から予約を入れており、ようやくの入荷となりました。(ホッ)

しかも当店の黒枝豆は、その丹波篠山の中でも、堆肥、牡蠣殻などの

有機肥料を使って丁寧に育てられた、大地の恵み豊かな黒枝豆です。

生育不足、虫食いなどの黒枝豆は丁寧に取り除き、

厳しい選別をくぐり抜けた、粒よりの黒枝豆だけを出荷してもらっています。


そんな黒枝豆を、シンプルに、ダイレクトに味わって頂きたく、

当店ではご注文を頂いてから塩もみ、塩茹でして、

茹でたて熱々をお出ししております。


何しろ行く末は黒豆ですので、大豆に比べて粒がとても大きいんです。

ですので、食べ応え満点で、一粒で黒豆の香ばしさ、味わいが口中に広がります。

味も濃くて、黒豆らしい深い味わいをたっぷりと楽しんで頂けます。

さらに栗のように甘くて、ホクホクとした食感は、まさに秋にぴったりで、

ゆっくりと味わえる酒肴に仕上がっております。


とにかく旬の短いおつまみです。売り切れ次第入荷はありませんので、

この機会に是非どうぞ。

今でしたら、ひやおろしをちびりと飲みながら堪能して頂けますよ!






ちなみに、丹波篠山、皆さんどうお読みになっていましたか?

「たんば」はそのままですよね。篠山は「ささやま」と読むそうですよ。

地元の人は「しのやま」と呼ばれると少しがっかりされるようです(^^;;

 

2016-10-15 16:44:00

売り切れ次第おしまいです。

ぜひ飲み比べにいらして下さいませ。

神亀残りわずか(^^;;

 

1