【お知らせ】

2012-07-29 15:48:00
お待たせ致しました( ´ ▽ ` )ノ
それでは今回は、
日本酒度のプラス、マイナスが
必ずしも甘辛の目安になるわけではない
のはどうして?というお話です。
その理由の一つには、以前にお話した
酸度との関係があります。
この前お話しした通り、
酸度が高いと、日本酒の味は濃く、
辛く感じられますので、
糖分が多くても(日本酒度がマイナスでも)
甘く感じにくくなります。
逆に、酸度が低いと、味は薄く
甘味を感じやすくなりますので、
糖分が少なくても(日本酒度がプラスでも)
甘く感じるようになります。
要するに、酸味の少ないみかんは
糖度が低くても甘く感じる、
っていうアレですね(#^.^#)
まぁ言われてみれば「そりゃあね」って
話なんですが…( ´Д`)y━・~~
酸度とのかねあいでだいぶ味わいは
変わってくるんですね。
今回の話はここまでです。が、
ちょっと細かい話になりますが
まだこれ以外にも理由があるんですよ。
そのうちゆっくりお話しますね。
ではまた次回に(*´▽`*)ノ))